嫁に心配かけたくない

理由はいろいろあるにせよ、嫁に借金がバレると困るという人は多いと思います。どうしてもお金が必要だが嫁には心配をかけたくないという思いは男なら誰にだってあるはず。

嫁にバレずに借金するにはどうしたらいいかを考える前に、どういうきっかけで嫁にバレてしまうのかを考えてみましょう。

嫁にバレる一番の原因は郵送物です。お金を借りるのは消費者金融が多いと思いますが、プロミスとかアコムとかアイフルとかからの郵便物を見たら普通の人なら気づくはずです。

次に、カードローンの場合だとローンカードが見つかってバレるというケースです。財布を覗く趣味のあるお嫁さんもいますから油断できません。

このように、郵送物とローンカードが嫁にバレるきっかけの最も多いケースです。やはり物理的な「物」というのは見つかりやすいですからね。家に電話がかかってくるんじゃないかと心配する人もいますが、家の電話は延滞でもしない限りかかってきません。

嫁にバレずに借金するにはモビットのWEB完結

モビットの「WEB完結」は、郵送物なし、カードなし、在籍確認なしで借金の申込みができるサービスです。

郵送物もカードも在籍確認もないので嫁にバレる心配がありません。

ただし、WEB完結の申込みには条件があって、

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていること
  • 社会保険や会社の健康保険組合の保険証を持っていること
が必要になります。この2つの条件を満たすのは要するにサラリーマンです。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持ってなければ事前に作っておく必要がありますが、口座開設は銀行に行けばすぐにできますから大きな問題ではありませんね。銀行が近くになければネットからも申し込めます。

ただ、銀行口座を開設するとキャッシュカードは必ず自宅に親展で郵送されます。なんで口座作ったの?とお嫁さんに聞かれることでしょう。そういう場合に適当にごまかせればいいですが、銀行口座も握られてるご主人には辛いですね。でも、三井住友銀行は一部の店舗で窓口でカードを発行できるそうです。ただ、その他に郵送物が届かないかどうかまでは調べきれていません。詳しくは三井住友銀行に確認してください。

モビットは入力項目が少なく審査も早い
ちなみに、モビットのWEBには「10秒結果表示」という機能があります。フォームに必要事項を入力すると約10秒でお金が借りられるかどうか簡易審査の結果が表示されます。ただ、これが凄いんです。簡易審査といっても実際にコンピュータである程度の審査まで行われるので信憑性が高い結果が出ます。で、融資OKならそのまま申込みに奨めます。これは他社にはない凄い機能なんだそうです。他社の簡易審査フォームは年収と借入金額から単純に計算するだけのものだそうです。早く結果を知りたい人にはモビットは便利ですね。


モビットについて詳しくはこちら


セブン銀行もお薦め

次にお薦めなのがセブン銀行です。

セブン銀行カードローンも自宅への郵送物も在籍確認もありません。

カードは発行されますが、本人限定郵便といって郵便局に行き本人だけが受け取れる郵便になるので自宅には届きません。それに身分証明書は郵便局で提示するだけなので申込時には必要ありません。だから一般の消費者金融のように運転免許証を写メして送るといった手間も必要ないのです。申込みはWEBから送信するだけで完了するというとても簡単です。


セブン銀行カードローンについて詳しくはこちら


プロミスも郵送物なしカードなしが可能

300×250

あまり知られていませんが、消費者金融大手のプロミスも、個別にお願いすれば、郵送物なし、カード発行なしできるそうです。

カードなしでどうやって借りるのかと思うかもしれませんが、ネットにログインして振込み融資にして自分の銀行口座に振り込んでもらえれば、あとは自分のキャッシュカードでお金を引き出すことができます。返済もATMを使わず振込みでの返済や口座振替にしておけば毎月の返済の手間も省けます。

ただ1つ注意点があります。ネットだけで申込みから契約まで行うと申し込むと契約に関する書類は郵送されてしまいます。これは法律で決められていることなので送らないわけにはいかないそうですが、プロミスの無人契約機に行けば書類は郵送ではなくその場で印刷されて受け取ることが出来るそうです。なので、ネットで申し込んで契約は無人機で行うのが嫁にバレない為には必要です。プロミスの無人契約機は全国にたくさんあるのであまり問題ではないと思います。

プロミスで嫁にバレないで借金する方法まとめ
  1. ネットから申込む
  2. その際、契約は無人契約機で行う旨を選択する
  3. オペレーターからの電話でカード発行なし郵送物なしにしたいと伝える


プロミスについて詳しくはこちら

このページの先頭へ